寒暖差 アレルギー じんましん

スポンサーリンク

春や冬などの季節の変わり目になると、身体がかゆくなってしまったり、じんましんが出てしまうような方も増えております。原因はストレスや神経性の可能性もありますが、もしかしたら。寒暖差アレルギーが原因かも知れません。

 

【季節の変わり目の出るじんましん】
じんましんは、蚊にさされたように赤く腫れて痒みが出る症状です。長くても一日以内に消えるのですが、また同じように赤く腫れる症状がじんましんです。じんましんはストレスをはじめとした様々な原因があります。

 

【寒暖差アレルギーとじんましん】
実は寒暖差アレルギーはじんましんの原因でもあります。この症状が出るのは、外気と室内の気温差によって風邪や花粉症のような症状の出る病気ですが症状の出方は様々です、喉が痛くなったり皮膚のかゆみが強くでてしまう方もいます。

スポンサーリンク

【寒暖差アレルギーの対処】
寒暖差アレルギーは、その名の通り外気と室内の温度差が激しい時に現れる症状です。この病気の症状を軽減するためには、寒暖差を減らすために、室内にいる時の洋服に注意して、外気になるべく合わせるようにするのがおすすめです。風薬を飲んで症状が改善しない場合や、花粉症などの対処をしても症状が軽減しない場合には、室温と外気の差に注目する必要があります。

 

寒暖差アレルギーはとっても面倒な症状が現れますが、しっかりと対処する事ができれば、症状を軽減する事ができます。しかし、風邪や花粉症と酷似している部分がありますので初期治療が遅れがちです。自己診断しないで病院で検査を受ける事をおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加