寒暖差アレルギー 症状 咳 痰

咳や痰の症状は寒暖差アレルギーかも?

スポンサーリンク

夏の時期のような外は熱いのに中はクーラーでとっても涼しい場合や、外は木枯らしが吹いていて寒いのに、室内はヒーターでポッカポカのような寒暖差のある時には、寒暖差アレルギーの症状がでたりします。こちらのページでは、あまり聞きなれない方も多い寒暖差アレルギーについての情報をご紹介します。

 

【寒暖差アレルギーとは】
寒暖差アレルギーとは正式名称は血管運動性鼻炎といいます。どのような症状なのかと言うと、夏や冬など室内と外の気温差が激しくなる時に起こる症状で、鼻水やくしゃみなどがとまらなくなったり、咳や痰なども出るような場合があります。

 

【アレルギーではありません】
アレルギーと名前がついているのですが、症状がアレルギーに似ているだけで、実際には何にも関係ありませんので混同しないように注意が必要になります。

スポンサーリンク

【咳や痰の症状もでます】
血管運動性鼻炎は、主に自律神経の乱れによって起こる病気です。春や秋にも症状がでます。春の時期に多い花粉症に症状が酷似しておりますので間違えてしまう方も多いのですが、花粉症よりも咳や痰が多くでるのが特徴です。場合によっては血管運動性鼻炎と花粉症の両方を患っている場合もありますので注意が必要になります。また、血管運動性鼻炎は咳や痰だけでなく、皮膚がかゆくなったり、蕁麻疹がでたりします。

 

血管運動性鼻炎によって咳や痰が多く出るようになったら、筋トレやストレッチなどをして筋肉量をアップさせたり、寒暖差が激しくならないように、衣服で調整するなどの対処が効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加