寒暖差アレルギー 症状 皮膚

皮膚がかゆい症状が寒暖差アレルギーを疑え

スポンサーリンク

 雪の降っている寒い室内から、ヒーターの効いた温かい室内に入ったり、逆に炎天下で30度以上もある室外からクーラーがガンガンに効いている室内に入るような生活を繰り返していると、様々な症状のある寒暖差アレルギーという病気になってしまう可能性が高くなります。

 

【寒暖差アレルギーとは】
この病気の正式名称は血管運動性鼻炎という病気です。名前と違ってアレルゲンは一切関係ありません。温度差のある所を移動する際に自律神経が乱れる事によって起こる病気です。自律神経は交感神経と副交感神経の2つのバランスが重要なのですが、急激な温度差によって崩れてしまうと血管運動性鼻炎になってしまうのです。そのため、鼻炎の症状や頭痛の症状など複数の症状が発生します。

スポンサーリンク

【寒暖差アレルギーによる皮膚のかゆみの症状】
血管運動性鼻炎は皮膚がかゆくなったり、皮膚にじんましんが出るようなケースもあります。肌荒れや皮膚炎などが起こる原因として大きいのが自律神経の乱れによって血管を広げたり縮めたりの働きも乱れる事です。乱れてしまうと血行不良を引き起こしてしまい肌荒れや皮膚炎などが起こるのです。

 

【寒暖差アレルギーと時にはお風呂にしっかりと入ろう】
寒暖差アレルギーになってしまったらゆっくりとお風呂に入るようにしてください。38度から40度くらいの熱すぎないお湯にゆったりと浸かると自律神経の乱れを改善してくれます。

 

自律神経の乱れは、急には改善されません。日常正解において意識的に行動する事で徐々に治まってくるようになります。そのため、焦らずにじっくりと時間をかけて治療するのが重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加