寒暖差アレルギー 症状 頭痛

頻繁に頭痛の症状が出るなら寒暖差アレルギーを疑って

スポンサーリンク

室内に入ってしばらくすると頭痛が襲ってくる方、それも頻繁に頭痛が襲ってくる方は、もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。そこでこちらのページでは、寒暖差アレルギーと頭痛の関係性についてご紹介します。

 

【頭痛が起こるメカニズム】
なぜ寒暖差アレルギーで頭痛が起きてしまうのかというと、寒暖差アレルギーによって鼻腔内と副鼻腔をつなぐ通路が狭窄を起こし、副鼻腔内との空気圧の差が大きくなります。そのため、副鼻腔の神経を刺激してしまい頭が痛くなってしまうのです。

スポンサーリンク
 

【頭痛を解消する方法】
寒暖差アレルギーによる頭痛を解消する方法は基本的には鎮痛剤を飲むしかありません。あとは、外気との温度差を和らげるために、洋服に気を使ったり、免疫力を付けるためにしっかりと睡眠時間を確保しつつ、食生活をバランスの良い物に変更するなどが治療方法になります。即効性はありませんが徐々に効果は現れますのでぜひチャレンジしてください。

 

【他の症状】寒暖差アレルギーにはこれ以外の症状もあります。鼻水、くしゃみ、喉の痛み、目のかゆみなどの症状があります。どれも花粉症や風邪の症状と似ていますので、混同しないように注意してください。

 

風邪のような症状が長く続いて、風薬を飲んでも完治しないような場合には、病院へ行き、検査をしてみてください。寒暖差アレルギーは病名さえわかれば日常生活であるていどの対処をする事は可能となっておりますので、検査をして原因を解明するのが重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加