寒暖差 アレルギー 症状 じんましん

じんましんの症状は寒暖差アレルギーが原因?

スポンサーリンク

湿疹やじんましんの症状が酷く、かゆみでイライラしてしまう方も多い寒暖差アレルギーは、しっかりと病気についての知識を付けていれば、症状を軽減する事も可能です。そのため、治療法よりも先に原因を知る事が重要になります。

 

【寒暖差アレルギーの原因】
なこの病気の原因は、日によって気温差が激しい時だったり、室内と屋外の温度差が激しい場合にその温度差が原因で起こる自律神経の不調によって起こる病気です。正式名称は血管運動性鼻炎で、症状とアレルゲンの因果関係はないと言われております。寒い日に温かいラーメンを食べる時にでる鼻水もこの症状と同じです。

 

【寒暖差アレルギーの症状】
寒暖差アレルギーはじんましん以外にも沢山あります。鼻水が止まらなくなったり、くしゃみを頻繁にするようになったり、偏頭痛が起こったりもします。成人女性に多いと言われています。

スポンサーリンク
 

【寒暖差アレルギーによるじんましんの対処】
この病気は症状によって対応策が異なります。じんましんの場合には、抗アレルギー剤が効果的です。他にも着る洋服の枚数を調整できるようなファッションにしたり、なるべく空気に皮膚が触れる面を少なくするなどの対処方法が有効です。

 

じんましんが出る症状は、若い女性に多い病気ですが、小さなお子様にも見られるようになりました。小さな子供は自分で体温調整をするのが難しいと思いますので、保護者の方が着せやすく脱がせやすい洋服を選んで着せてあげるようにして、こまめに調整してあげてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加