寒暖差アレルギー 頭痛

寒暖差アレルギーと頭痛の関係性

スポンサーリンク

 寒暖差アレルギーという病気をご存知ですか?比較的新しい病気ですので知らない方も多いと思いますが、全国でこの寒暖差アレルギーに悩まされている方が急増しております。こちらでは、寒暖差アレルギーと頭痛の関係性についての情報などをご紹介します。

 

【寒暖差アレルギーの原因】
この病気の原因は、ずばり温度差です。外と室内の温度差があると、鼻の奥が刺激されて、血管の太さが変わり、これが鼻炎や鼻づまりなどの症状を起こします。正式名称は血管運動性鼻炎といいます。花粉症などと類似している部分もありますが、アレルゲンとは関係ない事がわかっております。

スポンサーリンク
 

【頻繁に頭痛が起こったら血管運動性鼻炎かも】
いつもより頻繁に頭痛が起こるようになったら、もしかしたら血管運動性鼻炎かも知れません。鼻水やくしゃみの他にも頭痛や皮膚がかゆくなったり、蕁麻疹などが起こる場合があります。

 

【血管運動性鼻炎の発症する時期】
血管運動性鼻炎は季節に限らず発症し、室外から室内だけでなく、お風呂に入る時などにも起こります。偏頭痛が頻繁に起こる場合には、血管運動性鼻炎の可能性を疑ってみてください。

 

血管運動性鼻炎は誰でも起こりうる症状です。風邪や花粉症などとも症状が似ている部分がありますので、風薬を飲んでいても中々症状が改善しないような場合には、風薬を飲むのを一旦やめて寒暖の差を出来るだけ少なくするように衣服で調整するようにしてみてください。症状が改善するようなら寒暖差アレルギーです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加