花粉症のシーズンで耳鼻咽頭科がいっぱいなので、内科で花粉症の診察を受けてみることにしました。
 神戸市北区のおかだ内科クリニックを受診しました。
 待ち時間は20分ほどで、診察してもらいました。
 スギやヒノキの花粉症のアレルギーがあることを伝えると、花粉症の分布状況をインターネット上の画面を出してきました。
 それで、3月6日時点ではヒノキは全く飛んでないことを伝えられて、前の耳鼻咽頭科で出されている薬を聞かれました。
 症状の確認、聴診器で呼吸を確認などした感じです。

 

 請求書兼領収書 初再診料282点、投薬68点で350点で1050円です。

 

 調剤技術料121点、薬学管理料38点、薬剤料252点で合計411点で1230円でした。
 薬局で購入した薬はこんな感じです。
「名称」 タリオン錠10mg 白色の錠剤です 薬価46.4円) 後発医薬品は存在しません。
 薬のはたらき:アレルギーを抑え、鼻炎や蕁麻疹、湿疹、皮膚炎などを改善するお薬です。
「用法・用量・服用」 朝1錠 夕1錠 1日2回 朝夕食後28日分(全56錠)
「注意事項・相互作用・副作用など」 眠気を催すことがありますので、車の運転や危険のともなう機械の操作等には十分に気を付けてください。

 

 タリオンとエンピナースを処方されていることを伝えましたが、エンピナースはもう存在しない薬になったようです。