花粉症 鼻水 緑

花粉症の鼻水が緑色って病気なの?

スポンサーリンク

花粉症の鼻水が緑色って病気なの?

 

花粉症になると、勢いよく出てくる鼻水は悩みの種です。自分の意思とは無関係に、容赦なく出てしまいます。
通常の鼻水は透明で、サラサラとしているのが特徴です。ですが、鼻水が黄色だったり、緑色になることもあります。
その鼻水は、果たして花粉症が原因なのでしょうか。花粉症と間違えやすい、鼻水の症状についてご紹介いたします。

 

【黄色い鼻水の症状】
黄色い鼻水が出る症状は、症状が治りかけているわけではありません。むしろ悪化した症状で、黄色になるのは膿が出てる状態です。
これは細菌と戦った白血球の末路で、症状が続くのはよくありません。鼻炎になる前に、専門医に診てもらいましょう。

 

【緑色の鼻水の症状】

スポンサーリンク

黄色の鼻水の症状が、さらに悪化したのが緑色の鼻水です。花粉症だけではなく、風邪などの感染症の細菌が体内に侵入しようとしています。
早急に病院に行って、治療をしなければ合併症を起こす可能性が高いです。鼻水は吸い込まずに、こまめにかんで体外へ出しましょう。

 

【ちくのう症が原因かも?】
鼻水が黄色や緑色の場合、ネバネバしていることがあります。これは、細菌によるアレルギーが原因が多いのです。
この場合、鼻の中が炎症を起こしていることが多くあります。花粉症が悪化して、ちくのう症になることがあるのです。

 

このちくのう症は、鼻の中に膿が溜まったままになると慢性化します。咳や痰が頻繁になり、呼吸するたびに不快感を感じる人が多いです。

 

以上のように、花粉の季節でも、花粉症ではない鼻水の症状があります。
黄色・緑色などの鼻水が出た場合、速やかに病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク