花粉症 治療方法 最新

花粉症治療方法の最新技術に健康保険が適用されています

スポンサーリンク

花粉症治療方法の最新技術に健康保険が適用されています

 

【花粉症の治療方法はつねに進化している】

 

全く新しい花粉症の治療法が、国に承認されました。平成26年10月以降から、健康保険にも適用されています。治療の正式名称は、スギ花粉症の「舌下免疫療法」です。

 

花粉症患者は国内に2300万人いるとされ、年々増加の傾向にあります。有病率(集団の中で疾病にかかる割合)が、とても高い国民病です。1970年の中頃から、スギ花粉の大量飛散が確認されています。

 

最近では、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった症状に対する様々な治療法が研究されてきました。
しかし、いずれも対処療法であり、完治に至ることはなかったのです。

 

舌下免疫療法は、アレルギーの原因物質を含んだエキスを舌の下に投与します。体内に継続的に吸収させることで、花粉症の症状を軽減させるというものです。

 

舌下免疫療法で用いるのは、スギ花粉エキスです。そのため、スギ花粉による花粉症だけが対象となります。他の種類の花粉症の場合、効果はありません。

スポンサーリンク

日本では、12歳以上からが治療の対象となります。妊娠中の方や、喘息症状の激しい方などは、治療を受けられない場合もあるでしょう。また、花粉症の症状が酷い方も、受けられない場合があります。

 

【舌下免疫療法について詳しく知りたい】

 

では、実際の、舌下免疫療法の仕方を紹介します。

 

スギ花粉エキスを1日1回舌の下に投与し、体内へと吸収させます。これを毎日欠かさずに最低でも2年間は続けることが必要です。

 

花粉を過敏に異物として誤認しないようにするために、必要な期間になります。途中で治療を中断してしまうと、効果を失ってしまうので注意が必要です。そのため、継続して治療することが何より一番大切です。治療を開始する時期は、花粉飛散シーズンの3ヶ月前から行なうのが効果的になります。

 

従来の対処療法とは異なり、根治する治療法とされています。毎年花粉症で悩まされている方は、試してみる価値があるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加