花粉症 人口 割合

花粉症の人口に対する割合が深刻な問題となる理由

スポンサーリンク

花粉症の人口に対する割合が深刻な問題となる理由

 

花粉症に悩まされている患者が、年々、増加の一途をたどっています。
スギ花粉症だけでも、1500万人以上の患者がいるのです。日本の花粉症患者の総人口は、2000万人以上だとされています。人口の割合では、日本人の5人に1人が花粉症の時代です。そして、今後も増加すると考えられています。

 

日本では、1961年にブタクサ花粉症が報告されました。
1964年には、スギ花粉症の患者が報告されています。
そして、1980年代になってからは、相当な勢いで花粉症患者が増加していっているのです。

 

初めて花粉症が報告されてから、約50年の月日が経ちました。
国民の10%から20%までが花粉症だと言われ、まさに日本の国民病です。

スポンサーリンク

花粉症は自然治癒が難しく、一度症状が現れると毎年、花粉の飛ぶ季節に繰り返すようになります。
これから先、花粉患者の数は、さらに急激に増加すると予想されているのです。
そのため、花粉症対策を急がなければならない時代となりました。

 

花粉症対策に必要な費用も、莫大な額になることが、容易に推測されます。花粉症の患者にかかる年間の医療費は、約2,860億円を超えるとの試算もあるほどです。また、花粉症の症状による仕事の効率低下での労働損失は、年間約650億円にもなります。

 

ちなみに、花粉症の患者のおよそ80%がスギ花粉だとされています。そのためスギの代替として、広葉樹を植えたりしているのです。
花粉の出ない、あるいは少ないスギの品種を作り出したりと、様々な施策が求められているのが現実です。
しかし、実際には、花粉との接触を完全に遮断するのは、とても困難でしょう。
花粉症対策は、社会全体の問題として取り組まなければならない、深刻な課題となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加