花粉症 痰 色

花粉症以外が原因の可能性もある痰の色による識別の仕方

スポンサーリンク

花粉症以外が原因の可能性もある痰の色による識別の仕方

 

【どうして?痰が絡んで苦しいのには理由がある】

 

花粉症の時期に、痰が絡んで、呼吸が苦しい思いをされる方も少なくありません。実は、その痰の色によって病気の種類などを、簡易ながら判断することができます。特に、普段見られないような、黄色の痰だと不安になるはずです。

 

今回は、痰ができる原因と花粉症による咳について調べてみましょう。

 

花粉症の場合、花粉が口や鼻から入っていきます。やがて唾液に混ざり、胃まで達してしまうこともあるのです。そして、アレルギー反応を起こし、喉に痰が絡み咳が出てしまいます。
この時に、乾燥した咳が出るのが、特徴になります。

 

花粉症の症状で鼻水が増加し、鼻が詰まることがあります。そして、鼻水が下咽頭まで運ばれて、溜まってしまうことで痰になるのです。咳を出すことは、そもそも悪いことではありません。スポンサーリンク

花粉を外へ排出するために、咳を続けるのが問題となります。何週間にもわたって咳が続く場合は、花粉症の可能性が高いです。その他に、気管支炎の可能性もあるので、注意が必要です。

 

【もしかしたら花粉症ではないかも?】

 

黄色の痰ができる場合、花粉症以外の可能性も疑われます。黄色の痰から疑われる病気は、以下のとおりです。
・気管支炎
・花粉症
・肺炎

 

多くの場合、黄色い痰は細菌の侵入によるものです。通常であれば、細菌の侵入は、喉の粘膜が防いでくれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加