花粉症 風邪 薬 併用

花粉症の薬と風邪薬を併用してはいけない理由

スポンサーリンク

花粉症の薬と風邪薬を併用してはいけない理由

 

花粉症の時期は、同時に風邪の流行りやすい時期でもあります。花粉アレルギーと併せて、風邪を引かれてしまう方も、少なくありません。

 

花粉症と風邪の症状は似ていますが、異なる点がいくつかあります。
例えば鼻水の場合、風邪であれば、次第に粘り気のある状態になるでしょう。
一方、花粉症の鼻水は、透明でサラサラのままです。

 

また、くしゃみは、特に、花粉症の主な症状になります。
一回では止まらずに続けて出る場合は、花粉症である場合がほとんどです。

 

【花粉症の季節に風邪になってしまったら】

 

花粉症の時期に風邪を引いた場合、気をつけなければならないことがあります。それは、それぞれの症状に対する薬の飲み方です。

スポンサーリンク

花粉症の方であれば、早い時期から花粉症のアレルギーを和らげる薬を服用されているでしょう。
花粉症の薬と風邪の薬は、処方的に考えると、大変近いものです。
どちらも、抗ヒスタミン剤や血管収縮剤などが、含まれています。

 

同じような、効果を持つ薬剤を併用してしまうと、副作用のリスクが高まります。
何故ならば、効果の近い薬剤の血中濃度が上がってしまうからです。

 

花粉症か風邪か、判断が付きにくい場合は、風邪薬だけを飲むのが無難です。
薬の効果としては、風邪薬のほうが強く効き目が現われます。
花粉症の薬では、風邪の症状に対する効果が、あまり期待できません。

 

一方、風邪薬であれば、ある程度の花粉症に対しても効果的です。そのため、優先的に風邪薬を服用するのが好ましいと言えます。

 

どうしても、心配な場合は、医師や薬剤師に相談するのが最善です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加