花粉症 6月 関東

花粉症はいつまで?スギ花粉は6月の関東地方にも飛ぶ!

スポンサーリンク

花粉症はいつまで?スギ花粉は6月の関東地方にも飛ぶ!

 

春先になると気になるのは花粉情報です。
関東地方の花粉の飛散は、年々量が増えているとされています。
6月になってもその勢いは衰えを知らず、スギ花粉が人々を苦しめているのです。

 

今回は、花粉症の時期をしっかり理解して、6月の関東地方に飛散して来る花粉の対策を練りましょう。

 

【関東地方の花粉症の期間】

 

関東地方の花粉の飛散は、今年は遅いと予想されていました。
おおよそで、2〜5月にかけて一旦収束するであろうと言われていたのです。
関東地方の花粉の飛散は、1月のハンノキ花粉の到来で始まります。

 

しかし、この時点で酷い花粉症の症状が出る人は少ないのです。
スギ花粉は、5月で飛散は収束するのですが、長い時には6月にも飛んで来ます。

スポンサーリンク

また、ヒノキ花粉も3月になったらスギ花粉と共に飛散を始めるのです。
ヒノキ花粉とスギ花粉の飛散が重なるこの時期が、1番花粉症で苦しめられます。

 

【更にイネ科の花粉も要注意】

 

関東地方の花粉症は、6月のスギやヒノキの花粉ばかりではありません。
スギやヒノキ花粉が落ち着いたと思えば、次にやって来るのがイネ科の花粉です。

 

イネ科の花粉の特徴は、飛散時期が長いということでしょう。
その分、花粉症の症状も長引くのです。
イネ科の花粉をまき散らす正体は、そこら辺に生えている雑草になります。

 

代表的なものとしては、カモガヤでしょう。
この花粉の飛散は、8月いっぱいまで続くことがあります。

 

都会である関東地方で、花粉症は春だけのものではなく、夏まで尾を引く問題です。
花粉症対策をしっかりやって、花粉の飛散に備えることが重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加