花粉症 発熱 38度

花粉症の発熱で38度はキツイ!風邪と花粉症の違いは?

スポンサーリンク

花粉症の発熱で38度はキツイ!風邪と花粉症の違いは?

 

花粉症の発熱で、38度出ることが考えられますか?
鼻水やくしゃみ、咳や痰が出るなど、誰もが風邪を併発していると思ってしまいます。
そこで今回は、花粉症と他の病気の症状の見分け方について検証して行きましょう。

 

【花粉症と風邪の絶対的違い】

 

花粉症と風邪は、症状が酷似しています。
花粉症の独特な症状としては、くしゃみ・目の痒み・皮膚の痒みがあります。
風邪でもくしゃみは出ますが、花粉症ほど連発して出ることは少ないのです。

 

春先に、くしゃみを連発する人に対して「風邪ですか?」とは言いません。
「花粉症ですか?」と聞きますよね。
また、目の痒みも風邪で生じることはありません。

スポンサーリンク

更に、花粉症はアレルギーの一種なので、皮膚にも症状が出ます。顔などが痒くなったりすることも、花粉症の特徴なのです。

 

しかし、これら花粉症の症状全て出る人はあまりいません。
目の痒みとくしゃみだったり、発熱や皮膚の痒みだけだったりします。
風邪との見分け方で1番分かりやすいことは、花粉症は痒みを伴うということです。

 

【花粉症の発熱で38度出ることがあるのか?】

 

花粉症で微熱が長く続くケースはありますが、時に高熱を発したりもします。熱が出ている時、体にはかなりの負担がかかっています。
汗も相応にかいているので、水分補給が大切です。また、早寝早起き、バランス良い食事を心がけるという、生活習慣の改善もやりましょう。

 

花粉症の発熱で38度という高熱が出たら、まず他の病気に目を向けましょう。
インフルエンザの可能性も、疑って見るべきです。
花粉症の症状があり高熱が出た場合は、速やかに耳鼻科に診察に行きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加