花粉症 痰が からむ

花粉症で痰がしつこくからむのであれば、その色に注意が必要!?

スポンサーリンク

花粉症で痰がしつこくからむのであれば、その色に注意が必要!?

 

花粉症の主な症状としては、くしゃみ・鼻水・目の痒みがあります。
それ以外にも、痰がからむという症状が現れる時があるのです。
痰の色にも緑色や黄色と、色によって症状も異なります。
今回は、花粉症で痰がからむ症状について、詳しく解説して行きましょう。

 

【花粉症で痰がからむ時は注意が必要】

 

この症状が出た人は、慢性副鼻腔炎の疑いがあります。
花粉症の場合鼻腔だけではなく、副鼻腔でもアレルギー反応を起こすことがあります。
花粉症の時期を過ぎても、鼻水や痰に膿が混じっていることがありませんか?
この場合は、慢性の副鼻腔炎に罹っているかも知れません。

 

【花粉症の重度の咳で痰の色が黄色に】

スポンサーリンク

花粉症で痰の色が黄色くなる理由は、白血球と細菌との戦いの死骸が痰の中に入っているためです。
これは、黄色い痰の原因が、花粉症のせいではないということになります。
花粉症の症状は一般的に、くしゃみや鼻水、目の痒みです。
咳や痰がからむなど酷い時には、花粉症以外の風邪や気管支炎との区別も必要になります。

 

【花粉症の痰に血が混じっている】

 

花粉症の痰がからんで、吐き出した時に血が混じっている時があります。
それは、主に鼻血です。
口と鼻は口腔内で繋がっているので、鼻腔内の粘膜が傷つくことで、痰に鼻血が混じります。
特徴としては、鮮血であることです。

 

【花粉症の痰が緑色になる】

 

やはりこれも、白血球がばい菌と戦った死骸が膿となったからです。
花粉症の痰が、緑色になることはありません。
緑色の痰が見られる症状としては、感染症や蓄膿症で多く見られます。

 

花粉症で痰がからむ時は、花粉症以外の病気に罹っている恐れがあります。
酷くなる前に、早めに専門医の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加