花粉症 肌荒れ 皮膚科

花粉症が原因となる肌荒れは皮膚科に相談しよう

スポンサーリンク

花粉症が原因となる肌荒れは皮膚科に相談しよう

 

【花粉症にはどうしてなるの?】
花粉症が原因で、肌荒れの症状を起こす方が増えています。以前は、春先に飛散するスギやヒノキの花粉が、問題視されていました。最近では、それらの他にも様々な種類の花粉で症状が出ることがわかっています。
まずは、花粉症を発症する仕組みについて簡単に調べてみました。人間の体には、体内に侵入しようとするウイルスや雑菌などの異物を取り除く力があります。つまり、体を守ろうとする免疫機能が備わっています。異物が侵入すると、それらをやっつけるための抗体が体内に放出されるのです。
花粉症は、花粉を異物と認識した体内の免疫システムの過剰反応でおきるのです。花粉を吸い込むと、くしゃみや鼻水さらには鼻づまりなどを招きます。花粉に直接触れた場合は、目の痒みや肌荒れ・肌の痒み・肌のかぶれとして現れるのです。

スポンサーリンク

花粉のアレルギー反応は、何もこれだけではありません。
【その肌荒れは花粉症のせいかも?】
花粉症によって、肌荒れやアトピー性皮膚炎が悪化する場合もあります。人によっては、体調そのものを壊すこともあるのです。その症状は、人それぞれ異なり、思わぬ形で表面化します。
花粉症で肌荒れになる場合は、皮膚のバリア機能が崩れていることがほとんどです。そのため、弱ってしまったバリア機能を回復させることが大事になります。なるべく、肌に優しいスキンケアを心がけるようにしましょう。弱酸性のボディソープやセラミド成分を含んだものがオススメです。
また、症状の根本である花粉症の改善も欠かせません。皮膚科などの適切な医療機関に相談するのが良いでしょう。症状が酷くなる前に皮膚科を受診することで、シーズン中の症状を最小限に抑えることが期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加