花粉症 眼科 耳鼻科 どっち

花粉症は眼科耳鼻科のどっちで受診?症状で使い分けます!

スポンサーリンク

花粉症は眼科耳鼻科のどっちで受診?症状で使い分けます!

 

【あなたの症状にあった医療機関を選ぼう】
市販されている薬を使っても、症状がひどくなることがあります。それは、もしかすると「最適な治療薬」ではないのかもしれません。実は、症状によって花粉症を相談する医療機関を選んだ方が良いのです。
【自分の症状が1番重いと思う科に行く】
花粉症は、人によってその重症箇所が違います。従って、自分の症状が重い場所の専門医を受診することが必要です。
花粉症を診てくれる専門医は、次の通りです。
・くしゃみと鼻水がとまらないなら耳鼻科
・くしゃみと鼻水に喉の痛みと痰がからむなら耳鼻咽喉科

スポンサーリンク
 

・目が痛く目やにがあるときには眼科
・一年を通して何らかの症状に悩んでいたらアレルギー科
このような基準で選びましょう。
【定期的に通いやすい病院を見つけておく】
症状が酷くなってから病院に行くのではなく、出来れば花粉症のシーズン到来の前に行きましょう。その理由として、花粉症の薬の効き目は、使い始めてすぐには発揮できないためです。重い症状を、少しでも短時間で軽いものに終わらせるために、なるべく早くから対処します。
また、3〜5月という花粉症のピーク時は、病院も混雑します。病院選びのポイントとしては、通いやすいところが一番です。自宅か勤務先の近くで、探しておくと便利です。
花粉症の治療での通院は、2〜4週間に1度の割合になります。評判が良い病院でも、通うことに支障やストレスが生じては、意味がないのです。
花粉症は1度症状が出てしまうと、なかなか治りません。市販薬で症状が治まらない時は、ご紹介したポイントを踏まえて、病院に行って下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加