五月 花粉症 原因

スポンサーリンク

五月にピークとなる花粉症の原因と対策を探る!

 

今や国民病ともいえるほどの勢いで、疾患数を増やしているのが花粉症です。
『今年も花粉の季節がおとずれた!』
そんな気持ちで、春を迎える人が多いのではないでしょうか?一般的に花粉症患者がピークを迎えるのは、四月と言われています。しかし、五月になっても花粉症の症状が続く人もいるのです。または、いったんは落ち着いても、新たに症状が発生することがあります。

 

ここでは五月がピークとなる花粉症について、原因と対策をまとめてみました。
●花粉症の代表格であるスギ花粉について
まずは、花粉症の代表であるスギ花粉についてです。スギ花粉は、二月から四月ごろがピークとなります。花粉症全体の7〜8割の花粉症が、スギ花粉によるものではないかと言われています。
●五月の花粉症の原因は?
スギ花粉のピークが過ぎても花粉症は懸念されます。この時期の花粉症の原因は、次のような植物が原因ではないかと考えられています。
・ヒノキ
・カモガヤ

スポンサーリンク
 

・シラカバ
・ブタクサ
このような植物の花粉は、五月にピークを迎えるため警戒が必要です。
●花粉への対策をしましょう
ところで、日常生活での花粉症対策は万全でしょうか?次のような工夫をして過ごしましょう
・マスクをしましょう
花粉用のマスクが販売されています。通常のマスクでも、湿ったガーゼを1枚挟むと花粉用マスクとして利用出来ます。
・ゴーグルマスクをはめましょう
ゴーグルマスクは、肌に密着し目全体を包み込みます。目に症状が出る方には必須アイテムです。
・帽子をかぶりましょう
帽子はかぶる習慣がない人も花粉症対策には利用しましょう。髪に付着する花粉を防ぐことが出来ます。そして、帰宅したら帽子をよくはらっておくことも重要です。

 

いかがでしたか?
スギ花粉以外でも、五月がピークの花粉は訪れます。花粉対策を万全に施し、ピークを乗り切ることが大切だといえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加