1月 花粉症 原因

スギ花粉だけじゃない!1月から飛ぶ花粉症の原因は何!?

スポンサーリンク

スギ花粉だけじゃない!1月から飛ぶ花粉症の原因は何!?

 

新年早々鼻水がズルズルしたり、くしゃみが止まらないという症状が出ませんか?
「風邪かな?」と思っても、どうも症状が花粉症のようで戸惑います。しかし、例え1月でも、アナタの症状は花粉症かもしれません。花粉症は、春先のスギやヒノキ花粉だけではないのです。
そこで今回は、年始の1月に飛んで来る花粉症の原因と種類を検証して行きます。

 

【1月に飛んで来る花粉】
花粉症に苦しむ人が増加する花粉の王様と言えば、春先のスギ花粉とヒノキ花粉です。ですが、1月でも天気の良い日には、もうすでに飛散を始めています。
1年の中で、冬が1番花粉の飛散が少ない時期ですが、晴れた日には飛び交っているのです。1月でも、温かい日には秋の植物の花粉が飛び交ったり、イネ科の花粉も飛んでいます。それぞれの季節で植物のピークはあり、1年を通して何らかの花粉が飛んでいるのです。

スポンサーリンク
 

【1月に飛ぶ花粉症の1番の原因】
「ハンノキ」は、湿原や沼沢地のような湿地帯に生育しています。日本全国に分布していて、森林形成には欠かすことが出来ない樹木なのです。
身近な公園や山地にも生育していて、私たちの近くにあります。さらに、アレルギー反応としては、スギ花粉と酷似しているのです。日差しが強い日には、木陰が恋しくなりますが、油断してはいけません。
その他にも、次のような植物には要注意です。
・カバノキ科のシラカンバ
・キク科のブタクサ
・キク科のヨモギ
花粉は、季節を問わず飛び交っています。しっかりした対処方法とケアで乗り切って行きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加