花粉症 注射 千葉県

ずっと花粉症に悩んでいる人へ!注射で治す外来が千葉県にあった!!

スポンサーリンク

 ずっと花粉症に悩んでいる人へ!注射で治す外来が千葉県にあった

 

 副作用が心配でも、治療のためにいろいろな方法を試した人が多いのが花粉症の手強いところです。たとえば、ステロイド注射や抗アレルギー剤のお世話になったことでしょう。

 

 そんな治療でも改善しにくい人々の間で、千葉県にある「花粉症外来」が注目を集めています。どんなに花粉症に悩む患者が増えても、「外来」を設置しているのは珍しいからだけではありません。

 

 どうして、その外来が好評なのか、その秘密を調べてみました。

 

【副作用の少ない注射で治療する】
 全国のクリニックや耳鼻科では、投薬を基本としています。しかし、投薬には副作用の心配がついて回ってしまうのです。
 その点、診察から改善までトータルで診る千葉の専門外来は、副作用のない方法を追及しているのです。 主な治療としては、人体に影響の少ない注射を2種類も用意しているのです。
 それぞれの注射について説明しましょう。

スポンサーリンク
 

◆ノイロトロピン注射
 人体に副作用がないとされる「ワクシニアウィルス」を含んだ注射です。イメージとしては、予防接種と同じです。
 体内にこのウィルスと、炎症を起こした後の物質を抽出して無害化したものを打ち込みます。
 花粉症の時期に、症状が出るまでに済ませておけば、重症化を防げるといわれています。
 メカニズムとしては、花粉症の発症源となる神経の興奮を抑えます。
◆ヒスタグロビン注射
 注射することで、花粉に反応する体質そのものをリセットする目的があります。アレルギーの原因物質とされる「ヒスタミン」を対抗できる「ヒスタグロビン」を体内に注入するのです。
 これを定期的に繰り返すことで、「抗ヒスタミン」が常態化した体を作ります。そのため、慢性的な症状に苦しんでいる人に効果的だといわれています。

 

【2つの注射を併用して使っても安心】
 いずれの注射も、現在のところ重大な副作用は現在(2015年7月22日)のところ報告されていないようです。ですから、この外来では2つの注射を併用することで効果がより高まることを突き止めたとされています。
 体質的に改善できれば、毎年の通院の必要もないために全国から注目されているのです。
 千葉県の中央区にある「ゆりの木クリニック」とかも有名みたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加