11月 花粉症 咳

11月だからと油断大敵!秋の花粉症が原因で咳が出ているのかも

スポンサーリンク

11月だからと花粉症なんて関係ないと油断大敵です!秋の花粉症が原因で咳が出ているのかもしれません。

 

【花粉症は春先だけではなかった!】
 今や「国民病」と言っても過言ではないのが花粉症です。そのため、多くの人が春が近づくと予防を怠りません。
 花粉症と言えば、「ヒノキ」や「スギ」を思い浮かべる人は多いはずです。
 しかし、「花粉症のシーズン」を過ぎてしまってからの対策はできていますか?

 

 秋口になると、いつも決まって体調を崩してしまうと嘆く人をよく見かけます。熱はないのに、喉がイガイガして咳が止まらずに鼻水も出る症状に悩まされるのです。
 しかし、その症状は本当に季節の変わり目によくある風邪でしょうか?
 実は、広く知られていないだけで、秋の花粉症も存在するのです。もしかすると、軽めの風邪だと思っている人も花粉症かもしれません。

 

 ここでは、「秋の花粉症」の特徴を説明します。

 

【秋の花粉症の原因もスギだった!】

スポンサーリンク
 

 スギ花粉の成長のピークは、一般的に7月〜10月だとされています。しかし、これには日本特有の「四季」のサイクルが関係しているのです。
 11月に入って、外気の気温が少しずつ低下してその状態で安定すると、スギ花粉の飛散はストップするのです。それに伴って、咳や鼻水の症状が落ち着く人が増えます。

 

【秋の花粉症の原因は地球温暖化?!】
 地球温暖化が声高に叫ばれるようになってから、「暖冬」という言葉をよく気象庁が口にします。これは、例年よりも冬が暖かい傾向にあることが予想される場合に使われるものです。
 実は、この「暖冬」が「秋の花粉症」に大きく影響しているのです。花粉症は、冬を前に気温が安定して低いと悩まされなくなります。これはつまり、11月になっても気温が高いままで推移すると症状が続くことを意味しています。
 11月らしい寒い日と、季節外れに暑い日が交互に訪れると、スギ花粉が再び成長するのです。この花粉の飛散が、「秋の花粉症」の正体です。しかし、風邪に似た咳や鼻水の症状は、誰もが「季節の変わり目の風邪」だと誤解しやすくなります。
 体質的にひどい花粉症に悩まれていて、スギ花粉が原因だとされている人は特に注意しましょう。念のために、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加